工場調査

初期生産チェック(IPC)

製造中チェック (DUPRO)

完成品抜き取り検品  (FRI)

監査・認証サービス

初期生産チェック(IPC)

初期生産チェック(IPC)あるいは初期生産監査(IPI)は工場の生産初期段階での製造品を監査します。およそ0~20%の完成品あるいは部分的完成品についてサンプルチェックします。

Product Development

 

初期生産チェック(IPC)あるいは初期生産監査(IPI)の目的は、製造の初期段階において欠陥のある材料や構成パーツを特定することで、不適合品のリスクをミニマイズし、仕様要件に適合していること確実化することであり、そして必要に応じて修正活動がタイムリーに実施できることにあります。

欠陥のある構成パーツや材料を見極め、リスクを低減できることの他、工場が納品先の仕様要求を十分理解しているかの確認にもつながります。また、製造工程を観察することで製造前・製造中の追加コストの回避も可能となります。

製造中チェック (DUPRO)

製造中チェックは、品質コントロールの有効な手段のひとつで、オーダーに対する実際の製造状況が把握できます。当社は出荷品のおよそ30~50%の量が生産されている段階でサンプルチェックを実施します。

Factory audit

 

製造中チェックを実施することで、不適合品のリスクをミニマイズできる製造プロセス前の不適合材料を特定し、必要に応じてタイムリーな修正活動が可能となります。もし完成品に対するランダム検品だけに頼ると、不具合品が見つかった場合には工場と再作業・再生産に関する交渉が必要となり、多大な時間を要することになり、結果コスト高になります。

製品品質に関する問題点の報告のみならず以下の情報についてもレポート:

  • オーダー品の製造状況
  • 生産ラインでのファインディング内容
  • 構成パーツ・完成品・製造進捗中の在庫状況
  • 製造・出荷スケジュールの状況確認
  • 不具合品の特定
  • 製造ラインの撮影、監査サンプルの提供、不具合の整理

完成品抜き取り検品 (FRI)

完成品に対する抜き取り検品は製造工程の最終段階で実施されます。オンサイトでの一連の製品検品のひとつです。すべての出荷品が揃っており、そこからのサンプリングが望ましいです。また、FRIにおいては梱包もある程度完了していることが望ましく(製品は100%完成しており、80%が梱包されている状況)、監査員はカートンの梱包状況についてもチェックが可能となります。

Quality assurance

 

FRIでは、国際的なサンプリング方法(例えばAQL)あるいは顧客独自のサンプリング方法によって、製品の安全性、外観、機能、色、サイズ、梱包状態、そして出荷前には出荷安全性などを検証し、製品に一貫性があるか、要求仕様を満たしているかなどを確認します。

監査精度では以下の3つが重要ポイントであり、当社としてはこの点を重視しています。

  1. 仕様・顧客要求への適合性:

製品に関する様々な項目が管理される必要があります:例えば、品質、構成パーツ(部品構成表など)、半完成品、外観、機能、サイズ(測定チャート)、ラベル、梱包状態、など。 

  1. 外観観察での欠陥品のカウント:

FRI では、AQLにもとづき監査員が事前に定義された数の製品をランダムに選定し、当社CMAの標準的検品要求事項(製品別欠陥分類リストなど)や顧客の指定する要求項目にもとづいて欠陥状況を確認します。当社CMAでは1営業日で検品レポートを発行します。 

  1. オンサイトでの試験:

FRI時には製品に応じて必要な試験をオンサイトで実施します。このオンサイト試験は国際的な規格試験を参考にして実施し(例えば、落下試験、絶縁試験、強度試験など)、サンプルが壊れないか、機能不全がないかなどを確認します。

監査・認証サービス

ISO 9001:2015監査

この監査は、事業内容にかかわらず中小・大企業いずれでも適用できます。 ISO 9001は170の国・地域を超え、100万を超える企業・機関で認証されています。ISO 9001:2015によって顧客は一貫した良質の製品・サービスを確実に得ることができ、より良い事業結果につながります。

企業の社会的責任・行動規範検証(SA8000

まさに国際的な信頼を得ることです。顧客の信頼を生み、株主価値のより長期にわたる向上につながります。また、事故の低減、高品質製品の増加、従業員や顧客ロイヤリティ、事業競争力の向上にもつながります。

製造能力アセスメント

今日の激しい競争環境では、革新的な企業は品質が確保された製品を合理的なタイムスケジュールで製造していかねばなりません。そして、この製品品質はまさに製造能力とサプライヤーの製造技術の結果です。サプライヤーの能力は厳しくプロフェッショナル監査によって評価される必要があります。

C-TPAT(テロ防止のための税関産業界提携プログラム)

国際的なサプライチェーンおよび米国の国境警備に対する強化・改善に対し、政府-企業間での協力関係を構築する自発的イニシアチブです。

紛争鉱物認証プログラム

武力紛争や人権侵害が日常の状況で採掘される鉱物(3TG – Gold(金)、Tantalum(タンタル)、Tin(錫)、Tungsten(タングステン))に関するものです。米国と欧州は2010年より紛争鉱物立法に向けて取り組んでいます。

お問い合わせ

  (852) 2698 8198
  (852) 2695 4177
  info@cmatesting.org
  ニュースレターを購読する

詳しくは、サービスパンフレットをダウンロードしてください。

ダウンロード

トップに戻る

Related Topics

You may be interested in

System Development, Management and Partnership Program

最近閲覧したページ :
工場調査